10人に1人の日本人がワキガに罹っていると言われます。人間のカラダには「アポクリン腺」と「エクリン腺」というふたつの「汗腺」があります。ワキの下や乳頭、ヘソ、性交器、アナル周辺、耳穴あたりの、人体の特定の部分にしか無い「アポクリン腺」からでる汗には、糖質や脂質、アンモニアなどが含まれ、皮膚上の菌類が温床地となります。

陰部からの異臭に苛む女性は数多くいますが、本当は大体が「思い過ごし」か「過敏になりすぎ」であり、服を身に着けている際他人が気になるほどの臭気を放つ人は、滅多にいないということです。 そもそも、必ず股部からは臭いが放たれるものなのです。性別や年齢に関係なく、どんな人でも 多少のニオイがあります。

デオドラント剤と上手につき合うコツは、 「部分的」「短時間」の使用に意識することです。様々なデオドラント剤がありますが広範囲の汗腺を封じてしまう製品もあります。広い範囲かつ長期的に塗りっぱなしにするのは良くないでしょう。

わきの臭いだけでなく、体臭対策には、まず第一に「清潔さ」の保持が最重要です。

性別を問わず、意中の相手に嫌な思いをさせたくないと考え、自分自身の臭いを気を遣う方は少なくないようです。過敏になりすぎた結果、精神的負荷を抱え込んでいる方もいるはずです。常に清潔な体を意識し、 消臭する方法はいろいろあります。

自分に適した改善方法、 対策方法を覚えておくことで、においに起因する負担を緩和できるはずです。

希少なケースではありますが、生殖器からワキガの臭いが生じる「すそワキガ」体質の人もいないわけではありません。

ネバネバしたキャラメルタイプの耳垢を持つ人は「外陰部臭症」を疑うべきです。

とは言え、こちらもワキガと同じく、正しい処置を受けることで臭気を和らげることができますから、ひとりで抱え込まずに 専門科に相談してみてください。もし、デリケートゾーンの臭いが気になって気を重たく感じている時は、最初は自分の相方に聞いてみることが一番大切です。「においで気になったことはある?」と。

「大丈夫だよ。

逆に君の匂い大好き!」と告げられたら、「私だってあなたの匂いが好きよ」と笑顔で返事をしましょう。二人で臭いを気にしすぎて セックスを楽しまないのは寂しいことですよね。

腋臭が気になったときは薬局などでデオドラント用品を買えば済みますが、股間の悪臭が心配な女性は防ぎ方が思いつかず、孤独に悩み込みます。

ラブタイムに彼や旦那様に指摘されたらたしかにショックを受けますよね。

たとえ指摘されても気を落とさず、野菜中心の食事バランスを意識するとか、 石鹸や消臭サプリを試すなどして治していくことが大切です。

ストレスを抱えた乱れた生活習慣、 バランスの悪い食生活に運動不足。

日常的に限度を超えた喫煙や飲酒をしていると、アセや皮脂の成分が変わり、塩分・糖分・肉類の多い食生活が、悪臭を生み出す要因と考えられています。肉やおやつのような、動物性蛋白質や脂肪の割合が多い食べ物を我慢し、腸内環境を改善するようなバランスの食事を常に心がけましょう。スプレー型のデオドラント商品はだいたいが、 アポクリン腺から出る汗を軽減させる効能はありません。

わきガのにおいを防ぐには強力な除菌滅菌効果があり、身体に直接塗ることが出来るロールオンやスティック、クリームといった状態の製品を使うとさらなる効き目が期待できます。

忘れてはいけないのが、無臭や無香性の商品を選択することです。

ワキとデオドラントの臭い成分が混ざり合い、周囲を不愉快にする臭いが思われることもあるからです。腋臭症は遺伝する場合があり、両親のうち片方がワキガなら50%、二人とも腋臭症の場合75%もの割合で子供も腋臭症に罹ると言います。また、両方ではなくても片方だけというパターンもあります。一般的に、臭いの原因は生理活性物質とされ思春期終わりから変化していくようです。

腋臭症の人は、性器の臭いや足のニオイなども同様に 悩むことが多いようです。

分泌されたてのあせは無臭です。

汗を放置しておくと臭いの原因になってしまします。

発汗後はすぐに拭き取りましょう。布は乾燥したものではなく、なるたけ硬く絞ったウェットタオルを使用しぬぐい取るのが一番の臭い防止策です。香り付きローションや、レモン水などで絞ったタオルでふけば、より爽快感が得られるでしょう。ワキガを持つ人は日常的に素肌の清潔さを気にかけるようにし、ばい菌の繁殖を防ぎましょう。

ワキに臭みが残されたり、広まったりすることを止めるために、腋毛を剃るのもお勧めです。肉類を控えた野菜中心の食生活もアポクリン腺が活発になるのを阻止します。

また、リンゴが持つ成分の中にはアポクリン腺内にあるアポタンパクの増殖を阻止し、においが生じるのを抑えこむ効力があります。以下の項目に心当たりが多い人はわきガ体質が疑われます。

腋の毛量が多く、女性であればはワキ毛が濃い。脱衣後の衣服のワキパーツに黄ばみが見られる。二親ともワキガである。

また両親のどちらかの耳垢がウエットタイプである。

ワキの下は特に多汗である。汗が粘っこくサラサラしていない。

肉や乳製品などが中心の食事をし、栄養バランスの中心は動物性タンパク質である。

Posted