体臭の原因として、汗・皮脂・垢、そして雑菌が挙げられます。

皮脂や汗は、出てすぐは概ね無臭ですが、放置することで皮膚で雑菌が増殖し、皮脂や脂内の脂質や蛋白質、アミノ酸などの成分が作用し、不愉快な臭いを生み出しているのです。また、病気が原因で特有の体臭を放つことがあります。

肌の綺麗さを心がけているのに、体臭が鼻につくような時は、専門医のアドバイスを貰いに行きましょう。

デリケートゾーンの異臭で悩んでいるからといって、石鹸やビデで膣を洗いすぎても全く効果は表れないでしょう。

雑菌の侵入を防いで、膣を守っている常在菌まで殺してしまわないように、圧力をかけて擦り洗うのはやめて石鹸の泡を使い外側だけを丁寧に洗い、さっとお湯で洗い流しましょう。

木綿や絹等の素材からできている、なるべくなら通気性の良いパンツを身に着けて、月経中はしばしばナプキンを取り換えるようにしましょう。

よく見るスプレー型の制汗剤は殆どが、 アポクリン腺の汗を緩和させる効能が無いものです。

ワキガのにおいを防ぐには抗菌殺菌作用が強く、皮膚に直接塗るロールオンタイプやスティックタイプ、クリームタイプなどのほうがより効果を感じられます。忘れてはいけないのが、無臭や無香性の商品を選択することです。

ワキとデオドラント、2つの臭いが混合し、他人を不快にさせる臭いが生じることもあるからです。

性器周辺からは必ず臭いが発生します。

老若男女、全員が僅かに臭いを持っています。 またにおいには 各々に差が生じるのはあたり前です。

それを、「クサイ」などと心ない言葉で 非難してくるような男性がいるとしたら、それは彼のほうが浅はかです。

そのような認識は 間違ったものだと言えます。ワキの臭いの予防策は、第一に全身を綺麗に保持すること。

汗に含まれるアンモニアや皮脂などの分泌物と黴菌などが混ざり合うことで生じる臭いは、清潔に保つことで予防ができます。加えて、清潔な服を着るよう意識しましょう。衣服は肌に直接触れるので清潔に保つことが大切です。

汗をかいた際は、替えのインナーウエアを一枚用意しておくことを推奨します。

病気の中に「腋臭症」は含まれません。

だからと言って、ひどい臭いを持つ人、腋から出る汗により下着や洋服の汚れが気になるという人の場合は、医師からの診断を受けるという手もあります。慎重に調べてからクリニックに向かいましょう。

とくに、いっぺんに両ワキの手術を行うようにすすめてくる病院は、避けたほうが無難でしょう。

左右どちらかの脇の手術を受けてみて、アフターケアや術後経過を見てから、 残りの手術をするほうが無難です。

かいたばかりの汗は無臭です。

汗を放置しておくと臭いの原因になってしまします。

発汗後はすぐに拭き取りましょう。乾燥したタオルやハンカチではなく、なるたけ硬く絞ったウェットタオルを使用し拭き洗いするのが一番の臭い防止策です。

アロマ水や、レモンなどの香りがするタオルを用意すれば、より爽快感が得られるでしょう。体臭、なかでも脇臭……。

「汗をかくとにおいだすことが悩みの種」という人、結構多いのではないでしょうか?僅かに汗をかいた際も「もしかすると……」と気を揉んでしまいがち。

実のところは思っているより臭わないのに苛む人も少なくないのです。でも、実際に周りの人に嫌がられていないのか、 嫌がられるほどの臭いではないかと、 匂いに不安を感じている人にとっては重たい課題ですよね。

この頃、女性器の臭いに関する相談で病院へ行く人が増加しています。

専門医によれば、セックスの際にベッドで男性から異臭を伝えられ、暗い顔色で病院へ向かう若い女性は沢山いるそうです。

身体相談が主題のウェブ掲示板へのカキコミなどを見ても、 陰部のニオイに関する女性からの投稿がよく見かけられます。日本人は1割の確率でワキガに罹っていると言われます。人には「アポクリン腺」と「エクリン腺」の「汗腺」を二種類持ち合わせています。ワキの下や乳首、へそ、性器、肛門の周辺、外耳道など、体の一部位に限り存在する「アポクリン腺」から生じる汗には、糖質や脂質、アンモニアなどの要素をもち、肌上の菌類が増加しやすい条件が整ってしまいます。

脇のにおい体質の人は普段から皮膚を清潔に保ち、雑菌を増やさないようにしましょうワキにニオイがこもったり、まき散らしてしまうことを食い止めるために、ワキ毛を除毛するのもいいでしょう。

肉類を制限した野菜中心の食事バランスにするも離出分泌腺の働きを軽減させます。

また、リンゴが持つ食物繊維にはアポクリン腺のアポタンパクという物質の生成を抑え、においが生じるのを抑えこむ効力があります。体臭の中でも特に脇臭は、「発汗時に臭って、困っています」という人、結構多いのではないでしょうか?腋臭症とは腕の付け根にあるアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺という3タイプの汗の元からの分泌物が皮膚表面の細菌によって作用し合い生まれるニオイのことです。

ワキガに罹っている人は、アポクリン腺の数の多さや、発達のしすぎから、ここからの分泌量が多いと言われています。滅多にいませんが、性器から脇のにおいの臭いが放たれる「すそわきガ」体質に苦悩する人も僅かながらに存在します。ねばねばしたキャラメル状の耳垢が出る人は「外陰部臭症」である可能性が考えられます。

しかれども、この症状もワキガと同様で、然るべき治療法を受けることで においを鎮められますから、ひとりで苦悩せずに病院にアドバイスを貰いましょう。

Posted